神戸市会議員 うらがみ忠文 携帯ブログ

神戸市会議員“世界一元気”な市会議員、浦上忠文。
『神戸から世界を変えます!』
「だいじょうぶです」?

若者通!の方に教えて頂きたいことがあります。

「だいじょうぶです」という言葉を発する時、若者は、

どういう気持ちなのか?

ということです。

 

朝、駅で「うらがみ新聞」を配っています。

にっこり笑って受け取ってくれる高校生もいれば「読

んだるわ」と、ひったくる元気者もいます。

おすましで、まったく無視する女高生もいれば、「お

はようごまいます」と、両手で受け取る方もおられま

す。人は、みんな様々です。

 

その中で、受け取らない若者の大半が「だいじょうぶ

です」と言って。拒否されるのです。

 

想像してみるに、「おっちゃんが、俺に渡そうとして

いる紙に書いてある情報などは、俺はしらなくて大丈

夫です」あるいは「要りませんから。受け取らないこ

とを心配しなくて大丈夫です」

「私のことは、ほっといてください。私は勝手に生き

て行きますから心配は、無用。大丈夫です」あるいは

「うるさいなあ、じゃまやなあ」かなあ?

 

私が想像している内容より、もう少し強い調子で、若

者の皆さん、「だいじょうぶです」「だいじょうぶで

 

 

 

教えて下されば嬉しいです(笑)

| ぶんちゃん | - | 19:16 | comments(0) | trackbacks(0) | -
数え間違い!

神戸市会議員生活は、24年目に入りました。

その間「うらがみ忠文新聞」という新聞を手書きで作り、

駅で手渡したり、まちを歩いてポスティングしたりする

ことが好きで、続けてきました。

 

私は文学的哲学的には、まったくもっていい加減な男で

すが、統計をとったりすることについては、すこぶる几

帳面であります。

 

駅で配布した枚数や、ポスティングした枚数や、時間、

特記することなどの表を作るのが大好きです。

駅やまちに新聞を持って行くときの枚数を数えるのに、

基準としている「うらがみ新聞」の束があります。

それは、100枚の束のはずでした。

 

ところが、なにかおかしいのです。

談話室には、2000枚入りの箱で送られてくるのです

が、基準の100枚束と高さを合わせて100枚束を作

ると18束しかできないのです。

賢い人は、100枚基準束がおかしいのでは・・・と、

すぐ、気付きますよね(笑)

 

今日、基準束を点検してみると、110枚ありました。

ということは、配布枚数データの1,1倍が実数か!

やったあー(笑)

 

 

| ぶんちゃん | - | 20:24 | comments(0) | trackbacks(0) | -
路地の多い町。

若い人のために言っておきますが、「路地」とは、家々

の間が狭い道のことを言います。

普通の道を通っていますと、今日のお昼など、NHKテ

レビの「のど自慢」の声などは聞けませんが、路地では

良く聞こえます。

 

私は、そういう道が好きです。行き止まりなんかだった

ら、なお好きです。さらに、舗装されてなかったりした

ら、何回でも歩きたくなります。

 

今日は、東灘区の深江南町に、「うらがみ新聞」を配り

に出かけました。

深江南町は、東隣が芦屋市、南は神戸港です。

昭和初期に文化村と言われたハイカラな住宅や、舗装さ

れていない路地が残っていたりして、味わい深い町であ

ります。

 

50年以上前までは、漁師町であり、海水浴も出来たよ

うです。

 

新聞を配っていて、疲れないのです。

散歩感覚で楽しめるのです。

今日は気候も良かったです。夜、爽やかな上弦の月です。

ありがたいことです!

| ぶんちゃん | - | 20:44 | comments(0) | trackbacks(0) | -
気にせんとこ、と思うのですが!

甲子園の高校野球のことです・・・。

少年の頃の野球好き。一年間だけですが、高校球児。仕事

に差し障るので、気にすまいと思うのですが、どうしても

心が動いてしまいます(笑)

 

テレビを見なくても、熱戦の確認のために朝日新聞を買っ

てしまいます。

さらに学校や野球部の細部に興味を持ってしまった時の用

意として週刊朝日増刊の「甲子園特集号」も手に入れてお

きます。

安心を買っておくのです(笑)

 

週刊朝日の巻頭を飾るグラビア写真は一面を使って「旋風

の予感」と題して秋田代表金足農業吉田輝星投手です。

期待を裏切らない活躍で、今日も逆転勝ちしました。

気持ちの良いティームです。

 

金足農業は、選手が笑顔の大声で反り返って校歌を歌うの

が有名です。

その校歌♪・・・見よ草の芽に 日の恵み 農はこれ た

ぐひなき愛 日輪の たぐひなき愛・・・♪

これも「甲子園特集号」で調べました(笑)

感謝、感謝!

| ぶんちゃん | - | 19:24 | comments(0) | trackbacks(0) | -
京都五山送り火!

昨夜は大阪梅田に行っておりました。

新阪急食堂街の「新京」という中華料理屋さんが店をた

たむというので、お別れを言いに行きました。

 

カウンターが12席と丸テーブルひとつの店。

昭和39年から55年間やっていたそうです。

私は15年ほど前から、梅田に「人をモチベーションす

る方法」の勉強に月に一度出かけていました。

 

その時に、ふと見かけた「タンメン」というメニューの

文字にひかれて入ったのが始まりです。

タンメンは、野菜塩ラーメンのようなものです。

子どもの頃から好物でした。それからの付き合いです。

昭和20年、30年代の大阪の話。宗教、政治、餃子の

あれこれ、話題は尽きませんでした(笑)

生ビールと餃子、豚肉の天ぷらのセットが定番でした。

 

マスターは、同い年です。首の手術をしたり、腰が痛い

と言われだしたのは、ここ10年です。

営業時間を短くしたり、あれこれ努力をしてきましたが、

ついに疲れられたようです。

 

昨夜の京都の「送り火」はひときわ輝いていたそうです。

大阪梅田のふたりの心の灯も、輝いていました!

 

 

| ぶんちゃん | - | 16:06 | comments(0) | trackbacks(0) | -
終戦記念日!

先の大戦における、わが両親を中心とした被害。

昭和20年8月6日の空襲で西宮市今津久寿川の住居が

全焼。

それより先、昭和10年生まれの姉と、12年生まれの

長兄が、昭和19年に父の郷里、岡山県吉備郡足守町に

縁故疎開。

 

住居を失って、母と昭和16年生まれの次兄も足守に転

居。毎日新聞に勤務していた父は、新聞社近くの社宅に

書生と暮らす。

 

空襲時、私は妊娠初期で、母と逃げていたようです。

家が焼けたとはいえ、多くの苦難を抱えた被災者の皆さ

んに比べれば、幸せな方と言えるでしょう。

 

小学生の頃から、引揚者で貧困にあえいでいる家族や、

バラックに住んで、納豆売りや新聞配達で家計を助けて

いる友人のためにも、わがままを言わず、きちんと素直

な少年として人生を送ろうと決意していました。

 

あれから何年たとうと、今日は特別な日です。

生まれ変わらなければならない日です。

すべてのことに感謝を捧げ、神妙にしっとりと暮らそう

と決意します!

| ぶんちゃん | - | 17:48 | comments(0) | trackbacks(0) | -
引っ込み思案の初踊り!

今晩と明晩、地元の中の地元、住吉町住之江地区の盆踊

りです。

この地区は、午後10時まで踊るのがごっついです。

だいたい9時までというのが相場です(笑)

 

炭坑節なら、まずまず踊れますが、それ以外は上手そう

な女性に会わせて、それらしく身体を動かしているだけ

ですが、盆踊りというものは輪が大きければ大きいほど

勢いが出てくるものなので、「勢い要員」として、ラス

トソングまで付き合うことにしています。

 

そもそも盆踊りというものに、初めて加わったのは、今

から53年前、昭和40年、長野県小諸というところで

した。

大学で軟式野球同好会「ユニコンズ」の合宿で訪れてい

た夏の夜のことです。先輩に押し出されるように輪に入

れられました。幼稚園以来、お遊戯はまったくの苦手で

したが、覚悟を決めれば、世の中は渡って行けるもので

す(笑)

 

覚悟を決めれば、なんでも挑戦出来るものです。

その後の人生に元気になるきっかけを与えてくれた先輩

の、私の踊りを見て、大きくうなずいていた笑顔が忘れ

られません!

| ぶんちゃん | - | 17:51 | comments(0) | trackbacks(0) | -
やることをやりつくした!

49年前の、第51回全国高校野球選手権大会優勝戦。

三沢高校対松山商業戦。延長18回、0対0で、引き分け

再試合になりました。4時間16分の大熱戦!

オールドファンは、今なお興奮して語ります。

私が大丸に入社した年の夏。8月18日のこと。

 

判官びいきの野球ファンは、三沢高校を応援していた方が

多く、いまだに残念がっています。

翌日の再試合で、三沢は太田投手の連投。松山商業は二番

手投手との継投。

 

この試合を振り返る太田投手の言葉に私は胸を打たれ続け

ています。

「やることをやりつくした」「これ以上、頑張りようがな

いほどやりつくした」「再試合で負けても、涙一滴出なか

った」

 

太田投手は翌朝、手を上げて顔を洗うことが出来ない、朝

食が食べられないほどの手や肩の状態だったそうです。

それでも、再試合2対4で敗れた試合に完投したのは立派

です。

 

「やることをやりつくした」と言える人生を目指そうと、

夏が来れば、毎年、決意するのでした!

 

 

 

 

 

| ぶんちゃん | - | 19:27 | comments(0) | trackbacks(0) | -
清原和博の悩み!

私は「文藝春秋」という月刊誌が大好きです。

数十年愛読しています。

 

といっても、ほとんど斜め読みです。真剣に読んでると

それだけで、一生が終ってしまいそうです。

それだけ盛りだくさんです。

 

毎月10日に発売です。一昨日発行の分は9月号です。

今月は、私には興味を引く記事が多いです。

 

ななめ読みでなく読んだのは、次の3つです(笑)

「清原和博・独占手記」

あの清原が、なんで薬物依存症になったのかが解りませ

んでした。清原選手は、「野球にかわる人生の目標が見

つけられない」と語っています。

 

カジノ騒ぎでも著名な依存症の権威、久里浜病院院長さ

んが「スマホゲーム依存症」が若者の脳を破壊する!と、

怖ろしいことを述べておられます。

 

「安倍総理よ、命を懸けて私は闘う」と題して、石破さ

んが吠えておられます。

 

「自民党は、なぜもの言えぬ党になった?」忖度と保身

に走り、世論に流されやすい議員の多いことを戒めてい

ます。

 

それぞれに、なるほどなあ!と、感じました。

 

| ぶんちゃん | - | 20:37 | comments(0) | trackbacks(0) | -
サマータイム狂騒曲!

再来年の東京オリンピックのマラソン競技の暑さ対策の

ために、森・元総理が安倍総理に「東京オリンピック限

定」で、サマータイムを導入しては!と相談したことが

話題になっています。

 

午前7時を午前5時にしてはどうか、ということらしい

です。

そんなことは無理だろう!と、システムの素人でもわか

ります。大きなものから家庭電器まで、殆どのものが、

今やコンピューターのお世話になっています。

それらの時間設定を変えるのは、無理です。

 

変えようと思えば、底抜けに大量の時間と、膨大な経費

がかかることでしょう。破棄しなければならない製品も

山とあることでしょう。

森・元総理は牧歌的に、時計の針を2時間遅らせたらい

いだけのことと思ってる節があります(笑)

 

日本でも私が、ごく幼い頃に進駐軍のお達しで3年ほど

実行していた時がありました。その頃は、情報機器など

ありません。不評でもありました!

 

マラソンのためなら、マラソンのスタート時間を午前7

時から午前5時に変更すればいいだけのこととちゃいま

んのやろか(笑)

| ぶんちゃん | - | 18:37 | comments(0) | trackbacks(0) | -
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

このページの先頭へ