神戸市会議員 うらがみ忠文 携帯ブログ

神戸市会議員“世界一元気”な市会議員、浦上忠文。
『神戸から世界を変えます!』
友人先輩議員の後援会総会。

歳は私より7歳年下ですが、期数は8期。

32年目に入ります。私は24年目、6期です。

ベテラン神戸市議の後援会年度総会に参加しました。

選挙区は中央区。党は、新社会党。昔の社会党です。

 

 

おじいさんぶり、お婆さんぶりの、参加者の迫力に胸を

打たれました。

ビールにおでん、お寿司、唐揚げに魚の焼きもの、乾き

もの、みかん。

 

来賓としての私のスピーチ。「高校に進むとき、勉強が

出来るのに、家が貧しくて高校に進めなかった友達に対

する熱い思いが、市議に立候補した私の原点です・・・」

ここで、沢山の方が拍手をして下さいます。

毎年、古典落語のような同じスピーチですが、後援会の

皆さま、熱いです!

 

皆さまのお顔を拝見していますと、いききしておられます。

昔の社会党。有権者の半分近くおられました。

 

うまく立ち回ることが出来ずに、党としては世の中から消

えかけていますが、どっこい!精神的に、哲学的に、そう

いう考えを支持されておられる方が、やはり有権者の半分

近くおられることは、政治活動をしていると解ります。

 

総会後の素人マジック。演歌。旭堂南陵師匠の講談。

ごっつい楽しかったです。

友人議員の活躍を祈ります!

 

 

 

 

| ぶんちゃん | - | 20:04 | comments(0) | trackbacks(0) | -
ようやく金メダル!

なんやかんや言って、やはり金メダルは嬉しいです。

 

わが談話室は、それはそれは様々な人がやって来ます。オ

リンピックがなんぼのもんじゃと、言われる人もやって来

ます。

それでも、日本が活躍すると、そんな人でも興奮します。

その姿を見て、私は嬉しく思います。

 

今日は、男子フィギュアスケートで、金メダルがひとつ出

ました。羽生君です。

 

彼の喜びのコメントに対して、私は、いつも首を傾げるこ

とがありますが、とにかく世界でいちばんという評価を得

ています!

私ごときが、文句を付ける筋合いはありません。

 

がっ、それでも、こんなブログでも、苦言を呈したいのは、

謙虚さに欠けることであります。

 

彼は、自分のことしか言いません。

自分が苦労した、努力したという言葉だけであります。

自分の周りで応援してくれた人にたいしての謝辞はありま

すが、周りの選手、周りの審判についての謝辞を聞いたこ

とがありません。

 

どうやら、日本中の女性から好かれているようです。

だからこそ、謙虚心を学んで欲しいです!

| ぶんちゃん | - | 21:01 | comments(0) | trackbacks(0) | -
国名を「おたがいさま国」にしよう!

我々の住んでいる国の名前は「日本」であります。

どんな意味かよく知りませんが、幼い頃からみんなが日本、

日本って言っていますので、そういう名前なのかと思って

います。

 

どいう意味なのか、ご存知の方がおられたら教えて下さい

ませ。

格別に嫌ではありませんが、大好き!というほど愛着はあ

りません。

 

私は、神戸市会議員を務めさせて頂いておりますが、ここ

10年ほど、神戸市のテーマを「お互い様」にしてはどうか

と提案し続けています。

 

高齢社会になって、もはや、ひとりひとりが一人一人を助け

合ういたわり合う社会でなければ、この世は持たないだろう

という考えであります。

 

教育、仕事、病気、介護、老後・・・みんなで機嫌よく支え

合わなくては、この世は持たないことは、誰でもが直感して

いることではないでしょうか。

自分を捨てる、人を助ける!という心意気で社会を作って行

くという心構えであります。

でないと、ほんまにこの国は持ちませんで!

 

でっ、日本という名前に格別な意味がなければ、「おたがい

さま」という国名にしてはどうでしょうか!

国名が国是!いいと思いますがなあ(笑)

 

 

| ぶんちゃん | - | 21:16 | comments(1) | trackbacks(0) | -
ほんまの北朝鮮は!

昨夜は、尼崎の「未来会」

未来を学ぶ、異業種交流会です。

世界事情に通じている方から、世界情勢を学びました。

 

先生は、こう言われました。

北朝鮮について、皆さんは「世界から孤立した貧乏で、

どうしようもない不良国家」と思っているでしょう。

それは、日本、韓国、アメリカの評価です。

 

世界の評価は、こんなものです。

「北朝鮮は、世界でも有数な鉱物資源を持つ国として

注目されている。

体制を支える国民の三分の一は、平均的日本人並みの暮

らしをしている」

 

さらにこんなことを言われました。

アメリカや安倍総理が言われている「圧力」は、感じて

いないことでしょう。

 

大方の日本人の誤解していることを言っておきます。

北朝鮮に大使館のないのは、日本、韓国、アメリカだけ

です。

その三つの国以外とは、仲良くしている国なのです。

「圧力」なんて・・・。

 

ああ、我々三国とも、いち早く仲良くしたいです!

 

 

 

| ぶんちゃん | - | 22:56 | comments(0) | trackbacks(0) | -
「私も、給食おそかったんです」

新神戸のホテルで、経営者の方に、ランチをごちそうになっ

ていました。メンバーは3名です。

 

話し込んで、サラダを食べるのが遅れました。

2人の皿は、片づけられました。

ウエートレスさんに、私は「ごめんな、小学校の時から食べ

るのがおそかってん」と言い訳をしました。

 

すると、ウエートレスさんがにっこり笑って言われた言葉が、

標題の言葉です。

さらに、「どうぞ、ごゆっくり」と付け加えられました。

 

場に、あったかい空気が生まれました。

笑顔のすこぶる素敵な若い女性でした。

我々も、肉を焼いているコックさんも笑顔に包まれました。

 

「そんなあったかい言葉を頂くと、また、ここに食べに来と

うなる。人を連れて来たくなる」と、言いました。

ごちそうして下さっている経営者の方も、「浦ちゃんと同じ

こと思とった」と、にっこり。

 

今日という一日は、まもなく終りますが、なんといい一日だ

ったことでしょうか!

感謝、感謝。

 

| ぶんちゃん | - | 21:32 | comments(0) | trackbacks(0) | -
高梨沙羅さんに想う!

世の中に対して、よほどのへそ曲がりでない限り、スキー

ジャンプ選手の彼女の名前は知っていることでしょう。

 

4年前には、どんな大会でも優勝して、金メダル確実と言

われていたソチ大会で、4位に終わりました。

当時17歳です。

 

そうは世の中はうまく行かんもんやなあ!と、多くの人々

が思ったものでした。

選手は新しい方がどんどん出て来ますから、21歳の大会

がどうなるかわからんけど、なんとか立ち直って欲しいな

あと、思っていました。

 

4年前にいちばん落胆したのは彼女でしょう。それから、

死に物狂いの練習をしたことでしょう・

今回21歳。3位、銅メダルです。

 

神様は、やはりおられます(笑)

上手なご褒美をあげるものですなあ。

4年前の落胆を全カバーするご褒美ではありません。

 

ですが、彼女の今後のやる気をかきたてるには、十分なご

褒美でしょう。

4年後が楽しみです!8年後も!

ありがたいことです。ありがとう、沙羅ちゃん!

 

 

 

| ぶんちゃん | - | 20:52 | comments(0) | trackbacks(0) | -
こんな世論調査が、何の役に立つのか?

私は、新聞が大好きです。

談話室で、読売と赤旗を読み。家で、毎日、朝日。日経、

を読んでいます。

 

今朝の読売新聞、朝刊。

北朝鮮が、韓国と今度のオリンピックで仲良くしようと

していることが、北朝鮮の核やミサイル問題の解決に役

立つか、という質問があって、83%の日本国民が役に

立たないと答えているという記事がありました。

 

そんなことを聞いて、何の役にたつのか?と、思われま

せんか。

 

世界中の、世界問題を解決しよう、解決するために頑張

ろうと思っている皆さんが、国連の皆さんも含めて、韓

半島の問題を一日も早く解決したらいいなあ、と願って

います。

 

北朝鮮やら韓国の皆さんの思いは、我々の思いを乗り越

えて強い思いがあります。

同じ民族です。当り前ではないですか!

 

そんな「思い」の問題を、軽々しく質問する態度には、

大いに疑問を感じます。

 

もっとしっかり、生きて行こうではありませんか!

| ぶんちゃん | - | 21:58 | comments(0) | trackbacks(0) | -
愛用マフラーを失う!

昼から、「うらがみ新聞」のポスティングに出かけてい

ました。

風がきつくて、飛ばされそうになるマフラーを首に巻く

ことに力がいりました。

行き先は、山手です。

 

10年愛用していますえんじ色のカシミヤマフラーです。

友だちです。

愛していました!

 

熱心にポスティイングを始めました。

計画した1000枚はやり遂げようと、必死で取り組

みました。

からだに元気があり、なんなくやり遂げました。

あまりにも勢いがあったので、帰りは歩いて山手から帰

ってきました。

 

気持ちの良さに、マフラーのことなど、すっかり忘れて

いたのでしょう。

 

住吉駅前の談話室に戻って、前のスーパーに買い物に行

こうと思ってオーバーを着ようとした時、マフラーが無

いことに気づきました。

いつも同じハンガーにかけていたのです。

 

残念ですが、さよならです。さびしいです、ごめんな!

ポスティイングに力を入れ過ぎたか・・・。

 

| ぶんちゃん | - | 22:17 | comments(0) | trackbacks(0) | -
「未知」な「道」

今朝、NHKラジオを聴いていますと、「山カフェ」と

名付けて、登山番組をやっていました。

 

六甲山に登るぐらいの山歩きは好きですが、本格的な登

山にはしり込みします。

高所恐怖症でなのであります。狭い尾根などは、まった

く歩けません(笑)

 

番組中で、産学小説の紹介がありました。

「未踏峰」という題です。

世間からちょっとづれている3人の若者が、ヒマラヤを

目指す話だそうです。

 

その中で、今朝紹介された文章が気に入りました。

こんな感じでした。

 

「山に登って、何が起こるかわからない。

人生だってそうじゃないか・・・。

あらかじめ道が決まっているのなら、そんな人生なんか

やめた方が良い。

何が起こるかもしれないから、未知なことがあるから、

山登りも人生も楽しいのではないか」

 

まさに「道」は「未知」がいいですなあ!

 

| ぶんちゃん | - | 18:13 | comments(0) | trackbacks(0) | -
オリンピック聖火ランナーに感動しました。

韓国の冬季オリンピックが始まりました。

 

開会式を見ていました。

聖火を点けたのは、韓国で有名なフィギュアスケートの

方でしたが、そこまで聖火を運んだのは、北朝鮮と韓国

のホッケーの選手だとのことでした。

ふたりのあったかい笑顔、良かったです!

 

その演出に、胸が熱くなりました。

とかく日本人は、韓国、北朝鮮、中国に対して、文句を

言う人が多いです。

なんでなんか・・・幼い頃から私は不思議に思っていま

す。なんでなんでしょうね(笑)

 

安倍総理なんか、トランプさんと一緒になって、明日で

も北朝鮮が攻めて来るような調子で意見を述べておられ

ます。

 

自民党の若い衆議院議員が、浦上さんのように、韓国や

北朝鮮や、中国に対して温かい気持ちを持っている人々

を非国民と思うのです・・・と、言われたことが、かっ

てありました。

 

彼の意見が、自民党の主流とは思いませんが、それでも、

自民党の皆さんの、韓半島や中国に対する冷たさは、そ

の意味が、私はまったくわからないです!

 

| ぶんちゃん | - | 22:26 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

このページの先頭へ