神戸市会議員 うらがみ忠文 携帯ブログ

神戸市会議員“世界一元気”な市会議員、浦上忠文。
『神戸から世界を変えます!』
「給料安い、名前は高井!」

30年ほど前に無くなりましたが、阪急ブレーブス(現

オリックス)の本拠地があった西宮球場で良く聞いた、

高井保弘選手に対するヤジです(笑)

 

代打本塁打27本という日本記録を持っている選手です。

昨日亡くなったそうです。

74歳です。私より、ひとつ年上です。

ですから、ごっつい親しみがありました。

 

とりわけ印象に残っているのは、昭和49年のオールス

ターゲームで、代打専門の選手なのに選ばれて、史上初

の代打逆転サヨナラホームランを打ったことです。

 

代打専門の選手をオールスターに選んだ監督も偉いですが、

その期待に、さらにその場面での代打に応えた高井選手は

偉いなあー!と、話題になったものでした。

 

その後、パリーグには指名打者制度が出来、昭和52年に

は、指名打者のベストナインに選ばれてもいます。

 

最後までレギュラーにはなれませんでしたけど、代打とい

う「一芸」でも生きていけるんだ!という励みを与えて下

さいました。

人生のお手本のひとりであります。

感謝、感謝!

 

 

 

| ぶんちゃん | - | 21:55 | comments(0) | trackbacks(0) | -
イギリスの選挙!

最近はEUから離脱という人が少ないということを聞い

ていたのですが、選挙結果は変わりました。

イギリス人でないので、意味も心はわかりません。

 

例えば「日米安保条約をやめる」という国民投票があ

ったらどうやろうか、ということが今夕の浦上談話室

の話題になりました。

 

これは、最近の選挙結果からも自民党が勝ってるから、

安保継続!ということが勝つやろという意見が出され

ましたが、そうはいかんやろ!で、談話室は大いに盛

り上がりました。

 

アメリカに頼るな!という方が、かなりおるで。

昔の言葉で言えば、日本再軍備です。

アベちゃんのような、親米右翼は、けっこう少ないの

ではないか。

絶対的平和主義者は、底抜けに多いで。

その割合は、それぞれ10%、30%、50%、わか

らん10%ぐらいやないか、ということになりました。

 

皆さまは、どう思われますか。

私は、絶対的平和主義者です。

問題があれば、とにかく話し合い。アフガンで頑張っ

ておられた中村哲さん主義であります。

貫き通します(笑)

 

| ぶんちゃん | - | 21:02 | comments(0) | trackbacks(0) | -
ほんまに日本大丈夫か!

花見の問題で、おざなりになってしまいましたが、この

たび閉会した国会では、アメリカとの貿易の大問題の案

件があったのです。

 

牛でも豚でも、畜産農家がなくなってしまうのではない

かと思うぐらい、アメリカに押し切られたぐらいの関税

の引き下げです。

なぜ、国会議員は怒らないのか!

日本の農民を応援しないで、アメリカの農民を応援して

どうするのか。

まったくもって、私は、現政権に不信を持ちました。

 

現政権を支援している皆様にお伺いいたします。

畜産農家が壊滅して、ほんまに良いですか?

値段が安ければ、食卓がアメリカン産の牛や豚で満ち溢

れて良いですか?

重要な問題でっせ!

 

立憲民主や国民民主の皆さんは、どう思っておられるの

か、声が聞こえてきません。

公明党の、皆さんも、いかがですか?

 

ここまで、トランプさんに推し切られて、安倍総理、何

か楽しいことがあるのですかね?

ほんまに大丈夫かなあ、わが日本!

| ぶんちゃん | - | 22:53 | comments(0) | trackbacks(0) | -
年賀状!

いままでの人生の中で、年賀状ほど、その時々の気分で、

出したり出さなかったりしたものはありません。

 

小学校、中学校の頃は出すのが好きでした。

高校生の頃は、なんじゃあんなもん!という気合が強く

なりやめました。

大学に入って、気合が入り、一部復活しました。

 

会社員になって、その年の気分によることになりました。

版画にしてみたり、習字のようなものにしてみたり、出

さなかったり、いっぱい出したり・・・。

それが、24年前に阪神淡路大震災を受けてから、年賀

状の「出すぞ欲」が高まって来ました。

 

今日は、年賀状の文面を考えていました。

こんなんです。手書きです。

 

明けまして、おめでとうございます。

●25年前の、震災翌年の年賀状。「雪しまく 日にテ

ント村 たたみおり」

●本年の一句。「世界の子 ひとりひとりに 初日の出」

世界中の子らが、生まれて来て良かったなあ!と、思うこ

とが出来る世を創ってまいります!

 

どうじゃ(笑)

 

| ぶんちゃん | - | 21:58 | comments(0) | trackbacks(0) | -
健康診断!

神戸市議は、年にいちど、健康診断を受けなければなり

ません。有難いことではあります。

 

60歳を過ぎると、3年に一度、脳のMRIを受けます。

30分間、工事現場のような音に耐えます。

耐えた結果には「無症状性脳梗塞」と書いてあります。

だいたいの方が、そういう病状と書かれるようです。

 

身体のことですから、調べれば調べるほど、何らかの

病名を付けることができることでしょうなあ。

その病名を喜んでいる風潮さえあります(笑)

 

私は、詳しく調べることに反対論者であります。

自分の身体のことは、血液を詳しく調べて、あれこれ

言われるより、自分がいちばんよく知っています(笑)

 

健康診断の終りに、データをもとに、医師からいろい

ろアドバイスを頂きます。

 

そのアドバイスより、聴診器を受けて、ベッドに横に

なってお腹を押さえて頂いて、「はい、OKです」と

言われる言葉の方がよほどありがたい!のになあ!

 

なにか、文句がありますか(笑)

 

 

| ぶんちゃん | - | 00:24 | comments(0) | trackbacks(0) | -
心を「光り」に向ける!

死にかけておられる母さんは、宗教に熱心な人でした。

無教会主義の内村鑑三先生に学び、戦前から生長の家

にも係わりがありました。

 

ですから、病気をおそれておりません。

本来病気は無い!が信条でありました。

 

当時高校生の私も、宗教にはなみなみならぬ関心があり

ました。

「心の力によって人生は作られるのや!」

が、私の持論でありました。

したがって、心を「光」に向けたら、人生は明るくなる

のやで!などど、常々、母と語っておりました。

開会式の日も、母はベッド、私は付き添いの椅子で、そ

んなことを話して笑っていました!

 

では「光」とは何か?

明るいこと。嬉しかったこと。感動したこと・・・。そ

んなことに満ち溢れた日記なんかを書いたらええねん!

つらいことがあっても、一日にひとつぐらいは、感動す

ることがあるもんやで!

 

開会式の日は、大空に自衛隊が描いた五輪の輪でした!

 

| ぶんちゃん | - | 19:53 | comments(0) | trackbacks(0) | -
「いだてん」!

NHKの大河ドラマ「いだてん」も、来週が最終回です。

今日は、1964年の東京オリンピック開会式の前日で

終りました。

夜に入って、雨が降り出しました。せっかくのオリンピ

ックやのに、明日は雨か!と残念に思ったものでした。

 

東京の下北沢に住んでいました。東京都立戸山高校の3

年生。母さんが、10月1日に入院しました。白血病と

いうことで、厳しい状況であることは、父から伝えられ

ていました。母、54歳でした。

 

翌日の10日は、東京中の学校は臨時休日で、国旗を掲

げるようにというお達しがありました。

父からは、明日の開会式は母の病室で、いっしょにテレ

ビを見るように!と言われました。

 

翌日。天気予報に反して、雨が上がりました。真っ青な

空であります。口笛を吹きながら、日の丸を門のところ

に掲げました。

隣のおばさんが、通りがからり、母の病状を尋ねられま

した。伝えると涙ぐんであられました。

 

7日後に亡くなる母は、開会式をうつらうつら見ており

ました!

| ぶんちゃん | - | 21:16 | comments(0) | trackbacks(0) | -
だんだん寂しくなるなあ!

アフガニスタンで亡くなった、中村哲さんのことです。

わが談話室で飛び交う言葉は、「ノーベル平和賞」を受け

て頂きたかったなあー、ということです。

 

あんなことは、ふつうの人間では出来ることではありませ

ん。

マザーテレサさんに近い行動です。

 

私には出来ませんが、戦後教育の中で、先生方がいちばん

熱心に伝えて下さった、自分を捨ててでも、世の中のため

に尽くしなさい!

憲法を守りなさい!

ということを真面目に、誠実に、実行したのが中村さんだ

と思います。

 

残念なことではありますが、身を捨てて世の中のために尽

くす!

人権主義、平和主義の憲法を守る!

 

中村さんを乗り越えて行動して行こう!

中村さんに負けてはおられないぞ!

そういう気持ちを、全国民に残して下さったことに心の底

から感謝を捧げます。

 

まことに、ありがたいなあ(笑)

 

| ぶんちゃん | - | 22:05 | comments(0) | trackbacks(0) | -
12月議会終了!

私は、パソコンをはじめ、電子機器の扱いが苦手であり

ます。

神戸市会でも、これからは、紙媒体でなくて、電子機器

をもって、質問したり、答弁したりの世の中になってい

くそうです。

 

えらいこってす(笑)

 

今から、16年ほど前に、わが会派のメンバーだった、

井坂信彦君が、「議場にパソコンを持ちこんで良いか!」

ということで物議をかもしたことが、夢のような遠くの

ことであります。

井坂君は、その後、衆議院議員を2期、勤められました。

その頃の井坂君の行動は、すばらしく勢いのある者だった

のでしょう。

 

でっ、私が気に入らないのは、なんで井坂君ほど、勢い

のある青年が、その後の選挙に対して厳しいか!という

ことであります。

はじめ、みんなの党。それから維新。今、、国民民主党。

 

何ででしょうね!

それがわかれば、永久当選でっせ!

| ぶんちゃん | - | 21:15 | comments(0) | trackbacks(0) | -
思わず「その通りや」と、声が出ました!

今日は、神戸市議会本会議で、一般質問が行われました。

一般質問というのは、予算や決算というものではなくて、

自由に、自分が抱えている問題について質問する時間で

あります。

 

あれこれ質問した後に、ある男が次のようなことを言い

ました。新人議員です。

「自分は、モンゴルから日本へ帰ってきました。

家内は、モンゴル人です。子どもたちは帰国子女です。

日本語はしゃべれません。大阪に帰って、学校に言うと

そんな方を教育するのは無理やと言われました。

そこで、神戸市の教育委員会に電話しました。

 

すると、神戸市教育委員会は、どうぞいらして下さい。

通訳も用意出来ます。

日本語の教育の出来ます。と、言ってくださいました。

ですから、神戸に住んでいます。

 

教育委員会のことで、あれこれ問題になっています。

ですが、現場の先生方は、一生懸命努力しています。

神戸には、力があります。みんなで、元気な神戸をつ

くりましょう!」

そこで、標題の浦上の一声!

いやあ、ええ議会でした(笑)

 

 

| ぶんちゃん | - | 20:13 | comments(0) | trackbacks(0) | -
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

このページの先頭へ