神戸市会議員 うらがみ忠文 携帯ブログ

神戸市会議員“世界一元気”な市会議員、浦上忠文。
『神戸から世界を変えます!』
マイク納め!

どんな種類の選挙であれ、マイクとスピーカーを使って、

音を出して良いのは、午前8時から午後8時と法律で決

まっています。

 

今回の参議院議員選挙、マイクを使って良いのは、今夕

8時までです。8時にしゃべることをやめるのを「マイ

ク納め」と呼びます。

 

私は神戸市会議員選挙を7回行ってまいりましたが、最

終演説「マイク納め」には、胸にグッとくるものがあり

ます。それは、7回とも後悔、反省の一念であります!

 

「ついに、今晩が来たか!ああ、もっとこの4年間、し

っかりと政治活動をやってきたら良かったなあ。

今回の選挙も、もっと早くから準備をして、東灘区じゅ

う演説して回っといたら良かったなあ・・・」

という類の後悔です。反省です。

 

選挙に受かりたいという立場からの反省ではありません。

応援して下さっておられる方に、期待にお応え出来るや

ろか!申し訳ないなあ!という立場からの反省です。

必然的に、落選者は出ます!

 

今晩も、たくさんの候補の方が反省しておられることで

しょう!

その反省を、次の人生への力へ!と、祈るばかりです!

 

| ぶんちゃん | - | 22:32 | comments(0) | trackbacks(0) | -
会派の会議の楽しさ!

6月11日。神戸市会に新しい会派が誕生しました。

「つなぐ」という合同会派です。

新社会党の方や、神戸志民党の方や、無所属議員が集ま

って会派を作りました。

 

7月3日に、一般質問と言う自由な質問に立った、わが

会派の神戸志民党の香川君という若い議員は「わが会派

は、はやりの言葉で言えば、カーシェアのようなもので

す」と言われました。

うまいこと言われたものです(笑)

 

それから、何回か集合して話す機会を作っています。

今日も、「つなぐ」団会議を行いました。

市会議員に送り出して頂いて24年になりますが、この

8年間は、ふたり会派が4年。それから、ひとり会派が

4年であります。寂しかったです。

 

このたびは、5人会派。いろいろ物申せる交渉会派であ

ります。

今日の団会議。われわれは、まっこと困っておられる方

々に、想像力を巡らせ、創造力を持って神戸を元気にし

ていくという会派であることを確認し合いました。

 

やっぱ、人間が多いということ良いですなあ!

やる気まんまん、溢れてきました(笑)

 

| ぶんちゃん | - | 22:09 | comments(0) | trackbacks(0) | -
新聞記事の寂しさ!

参議院議員選挙が、最終局面に向かっています。

近頃、どんな新聞を見ても、自民党と公明党と維新が三

分の二を超えると「改憲勢力」が、勢いを得る、という

記事が目立ちます。

 

その記事「公明党、怒らんかい!」と思います。

公明党さんは、現憲法は優れた憲法だと常に言っておら

れます。

平和主義、基本的人権の尊重を言われます!

「加憲」というのが、党のテーマで、今の憲法に新しい

時代のテーマを加えることはやぶさかでない!という考

えのようです。

 

維新さんは、自民党さんの「平和主義」を打ち破る憲法

改正論には組しておられません。

教育の無償化、道州制、憲法裁判所の設置がテーマです。

 

そう考えてみますと、新聞は、なぜに「憲法改正、憲法

改正」と、嬉しがって言うのでしょうか!

きっと、若い記者や、編集者がそういう記事の内容を好

んでいるのでしょう・・・。

 

ご当地兵庫県選挙区の公明党候補のポスターに、自民党

推薦と小さく書かれていました(笑)

なんか変な世の中やなあー(笑)

 

| ぶんちゃん | - | 20:12 | comments(0) | trackbacks(0) | -
嘘と思いたい言葉!

安倍総理が、昨日、上越市での演説で「お父さんは恋人

誘って、お母さんは昔の恋人を探し出して投票へ行って

ください」と、言ったそうです。

 

ネットで、何人かの書き込みで見つけました。

信じられない言葉です。

あまりにも情けない言葉なので、嘘かもしれないと思い

親友の東京の記者に確認しました。

残念ながら、ほんまのようです。

 

わが国の、総理大臣でっせ!

 

「お父さんは、忙しいでしょう。お母さんも、梅雨で、

洗濯がたいへんでしょう。それでも、ちょっとだけ時間

を作って頂いて、わが自民党でもいいです。あるいは、

頑張っておられる野党の皆さんにでもいいです。

ぜひ、21日の投票日、選挙に行ってくださいますよう、

心からお願い申し上げます!」

ぐらいのことを言って欲しいです(笑)

 

なんで「恋人」か(笑)

笑うに笑えんようなことですなあ!

誰か、分析して下さいな(笑)

 

 

 

 

 

| ぶんちゃん | - | 20:07 | comments(0) | trackbacks(0) | -
殺人を認める人は、あかんやろ!

私は、自民党の小泉進次郎という人は、面白い人やなあ

と思っていました。

 

忘れていましたが、彼は、丸山穂高という人が「ロシア

と戦争してはどうか」というような発言をして、衆議院

で、それを戒めるような決議が発議ざれた時「思想の自

由や」というような発言をして、議場を退席したそうで

あります。

今日談話室に来られたおっちゃんが、えらい批判して、

思い出しました。

 

進次郎発言!これは、あっけにとられませんか!

「思想の自由」ということは、あります!

 

但し、殺人やら戦争やらを認めることは、「思想の自由」

を飛び越えたことであることぐらい、現代人は常識の根

本の根本ではないでしょうか。

 

お父さんも、多少変わった人でしたから、進次郎さんは、

本気で、戦争を許しておられる人かもしれません。

そういう発言を許す、自民党さんの幹部の中には、そう

いう考えの方がおられるのかもしれません(笑)

 

えらいことです!笑っておられません!

 

| ぶんちゃん | - | 19:44 | comments(0) | trackbacks(0) | -
夏休みの「自由研究」!

中学生の自由研究で、興味深い話を聞きました。太宰治

の小説で「走れメロス」というものがあります。

小説に現れている景色や時間の移り変わりを綿密に調べ

ると、走る必要はないどころか歩いても早すぎる(笑)

という結果の研究が話題になっているそうです。

 

自由研究は、1、なんでそれを研究しようと思ったか。

2、研究のテーマ。3、研究した方法。4、研究結果。

5、感想。6、研究に使った本やデータ。

を、きちんと書くのが基本だそうです。

 

研究と言えば、大学生の頃に教授から聞いた話ですが、

昭和16年に政府に「総力戦研究所」というプロジェク

トが出来て、若手官僚が全力を挙げて研究した結果、

「どんなにがんばって戦っても、アメリカには絶対勝て

ない!」という結果を報告したそうです。

 

それを、陸軍大臣の東条さんは、「戦には、理屈では表

せない要素もある」?と述べて、その報告を隠してしま

ったそうです。ひどい話ですなあ!

 

この夏休み、私はわが総力を挙げて、「神戸をもっとも

っと元気にする道!を研究しようと決意しています!

| ぶんちゃん | - | 20:11 | comments(0) | trackbacks(0) | -
新聞が無くなる?

一昨日、湊川神社の祭礼で、同席した神戸新聞の元社長

さんと、あれこれ話ました。

「えらいことが起こってる」「何ですか?」

「お年寄りが亡くなるやろ。遺族は、新聞をとらへんの

や。若い人は読まへんのや」

 

若い人どころか、お年寄りも整理するのがめんどうや!

と言ってとらないほとが増えていると聞きます。

 

ネットで十分やという方も、多くおられます。

私は「新聞オタク」ですから、暇さえあれば新聞を読ん

でいます。

育児やら、料理でも、洗濯のしかたでも、興味はつきま

せん。

むしろ国際政治や経済面は、飛ばし読みです(笑)

見出しだけでOKです。

 

神戸新聞夕刊に「いいみみ」というコーナーがあります。

身近に起こったことを「なーなー、聞いてーな」という

調子の投稿コーナーです。

それひとつとっても、新聞、無くなってほしくないなあ

(笑)

| ぶんちゃん | - | 11:18 | comments(0) | trackbacks(0) | -
湊川神社の例祭!

今日、7月12日は楠木正成の命日であります。

神戸駅前湊川神社では、「例祭」が行われました。

 

11時から神事があり、12時半から「直会」がありま

した。

直会の最後に、かっての文部省唱歌♪「青葉茂れる桜井

の・・・」の大合唱がありました。

 

舞台に上がって大声で歌っていますと、かっての神戸新

聞社長の稲垣さんが「あなた、良い声してますなあ!」

とほめて下さいました。

「楠公歌う会」のお母さん方は、ぜひ「歌う会」に入っ

て下さいと誘って下さいました。

 

若い人は、知らないでしょうけど、「桜井の別れ」とい

って楠木正成と正行親子の涙の別れの歌です。

 

それから、神社の新能殿というところで「世阿弥」を描

いた、能の映画がありました。

またもそれから、神社の楠公会館で「ほろほろ会」とい

う異業種交流会が行われました。

 

朝から晩まで、湊川神社のお世話になりました。

まったくもって、感謝感謝!

| ぶんちゃん | - | 21:38 | comments(0) | trackbacks(0) | -
「真実の終わり」

読売新聞の書評で、ニューヨークタイムスの評論を書い

ていたミチコ・カクタニという方の書いた標題の本を、

住吉のジュンク堂に注文に行きました。

 

注文どころか、実物がありました(笑)

びっくりしました!

 

内容を二行で言えば、

一行目。トランプのようなひとは、今までのどんな優れ

た作家でも、あんなひどい人間像は作れないだろう。

二行目。アメリカ建国以来の知性や良識、近代文明が懸

命に築き上げてきた文化は、崩壊寸前である。

 

日本語翻訳の題は「真実の終わり」ですが、ふと英語の

題を見ますと、つもり、原書の題ですが「真実の死」と

ありました。著者の熱い思いが伝わります!

 

ヒットラーの熱心な協賛者でないものが、あの惨劇のド

イツを作ってしまった。今、アメリカで起こっているこ

とも、熱心なトランプ協賛者の力でもないだろう。

 

「わけのわからなん、ニュースがはびこる。そしてそれ

を信じてしまう世の中を救わなくては!」というテーマ

の本でありました。

うん、あきらめんと、がんばろう!

 

 

| ぶんちゃん | - | 20:46 | comments(0) | trackbacks(0) | -
解散!

多少、政治に関心のある方は、この春から安倍総理が、

衆議院を解散するかどうかが話題になっていたことをご

存知だと思います。

 

安倍総理が勝手に「解散権」をもてあそぶことに、私は、

日本の政治もここまで劣化したことを情けなく思ってい

ました。

 

今日発売の「文藝春秋」誌に、自民党の石破茂さんが

「分断をあおるような政治手法は間違っている」として、

こういう文章を書いておられます。

 

解散できるのは、憲法69条の「内閣不信任案の可決。

又は信任案の否決」

あとは、憲法7条による解散というものがあります。

ですが、これは、天皇陛下にお願いして解散するという

ものですが、これは予算案など重要法案が否決されたと

きにかぎるもので、勝手に総理が決めて良いものではな

いという見解です。

その他「石破論」なかなかのものです(笑)

 

まったくもって同感ですし、そうでないと、責任をもっ

て与党や野党が議論することも出来ません!

 

解散やら離婚は、そりゃ責任をもって望む、厳しくも熱

いものです!

感謝、感謝!

| ぶんちゃん | - | 21:09 | comments(0) | trackbacks(0) | -
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

このページの先頭へ