神戸市会議員 うらがみ忠文 携帯ブログ

神戸市会議員“世界一元気”な市会議員、浦上忠文。
『神戸から世界を変えます!』
<< 思い切って、文章を差し出す。 | main | 紙面は続きます。 >>
浦上文章の続き!
神戸の復興は、早くもとの日常を取り戻すとともに、みん
なが住みよい生活空間を作り上げることが目的です。

生活空間を作るということは、自然への感謝がスタートだ
と思います。
山や海にお辞儀をして「すみませんが、また、ここに住ま
わせて頂いてよろしいでしょうか」という気持ちを抱くこ
とが、復興の始まりではないでしょうか。

もうこれ以上、六甲山を痛めたり、海を汚さないで、住み
よく美しい神戸の街をみんなで考えて、作っていこでは
ありませんか。

それから、ちょっと大きな文字で!
「大震災から立ち上がる今こそ、子どもからお年寄りまで、
みんなが誇りを持てる神戸市政を。
「復興を通じて、ほんまのの市民参科、まちづくりのモデル
ケースを神戸から・・・!

よっしゃ、やるそ







 
| ぶんちゃん | - | 21:55 | comments(1) | trackbacks(0) | -
はじめまして。

なるほど、これが「うらがみ忠文新聞」に書かれていた携帯ブログですか。
さすが、文科系団塊世代の御方。
理念は大きくて夢は見られますが、現実性は乏しい。

生活空間(人間の住処)こそが自然を破壊しなければ得られない営み
だと実学の理科系女子は思うのです。
人間が極力介入しない空間こそ「自然」であり自然に優しい所業です。

ご存知ですか?震災前から環境を破壊し尽くされていた神戸は
あの地震のおかげで「失ったもの」に気が付けたことを。
本来、住んではイケナイ場所にチマチマと住宅街を作った挙げ句の
「震災」でした。
なのに未だに「物件」と称してコンクリートで箱モノを作る。
住み良い神戸なんて夢のまた夢ですね、今のところ。
| アトロポス | 2016/06/06 12:36 AM |










http://www.uragami.mobi/trackback/2518
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

このページの先頭へ