神戸市会議員 うらがみ忠文 携帯ブログ

神戸市会議員“世界一元気”な市会議員、浦上忠文。
『神戸から世界を変えます!』
<< 人間というものの、信じられない姿! | main | 「何が足りなくても、当選出来なかった」 >>
開票告知のありかたに異議あり!

まずもって、昨日の選挙ブログの誤りについて述べてお

きます。石井登志郎票は37,831票です。相手票は

37、723票です。

 

すみませんでした。

 

我々は、石井登志郎応援者で、108票の差とはいえ、勝

ったから良いようなものですが、途中の票数発表につい

て西宮市選挙管理委員会に意見を述べておきます。

 

78%開票時に、選管は、相手陣営31500票、石井

陣営26500票という発表を行っています。

あと、約20%を残しての時点で、この数字の発表は、

相手陣営が「万歳」をする数字です。

 

この時点での5000票の差は、石井票の整理が遅れている

ことの差であることは、開票所を見に行っているプロの

目から見れば明らかですが、選管の発表責任者は、そこ

まで観察して発表すべきでしょう。

 

 

結果から言えば、30、000票、35、000票の、

並びまで待って発表するべきでしょう。

無用な喜びと、落胆を与えるべきではないと思います。

 

残票整理の段階で石井に増えたのは31票。相手には、

123票です。

これを見ると、相手には、100票の束がどこかに忘れ

られていたように思います。

 

私は、自身の選挙でも開票所で見るのが大好きです。

ですから「開票評論家」です。

ということで、あえて苦言を(笑)

 

 

 

| ぶんちゃん | - | 20:59 | comments(0) | trackbacks(0) | -









http://uragami.mobi/trackback/3176
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

このページの先頭へ