神戸市会議員 うらがみ忠文 携帯ブログ

神戸市会議員“世界一元気”な市会議員、浦上忠文。
『神戸から世界を変えます!』
<< 首を傾げること、いろいろ! | main | 「夏帽子 鏡に映す 足運び」 >>
危機管理。

今日は、東京に行く用事があり、午後2時前に新大阪

を出る新幹線に乗りました。

 

私は、好きな「E」席です。

「D」席の30歳ぐらいの青年は、ノートパソコンを

開いて、英文を打っています。

途中で、かばんからおしゃれなノートを取り出して、

それを見ています。それも英文でした。

 

東京まで、あと1時間。静岡ぐらいで、パソコンをし

まわれました。

話好き、冗談好きな私は、彼に話しかけます。

「そんなん、新幹線内で、他人に覗かれるところで仕

事していいんか?危機管理が出来てへんで・・・」

彼は、ドキッとした顔をしました。

 

なんやかんや話が進み、今年になって、いちばん危機

管理が出来ていなかったという事件に、ふたりが一致し

たのは、5月5日に37歳の父親と一年生の男児が軽装

で登山して遭難した新潟県の出来事でした。

 

「お腹すいたよう」「寒いよう」・・・発見された時、

父親の身体の上に男児の身体はあったそうです。

 

痛ましいことこの上ない事件ですが、父親に「人生、

どこでどんなことが起こるか分らん。出来るだけの用心

はしておこう!」という気持ちに欠けていたことが、

残念でなりません!

| ぶんちゃん | - | 22:38 | comments(0) | trackbacks(0) | -









http://uragami.mobi/trackback/3223
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

このページの先頭へ