神戸市会議員 うらがみ忠文 携帯ブログ

神戸市会議員“世界一元気”な市会議員、浦上忠文。
『神戸から世界を変えます!』
<< 難民の受け入れについて。 | main | 守りがきつすぎないか? >>
行政マンの慎重さ!

昨日の私の本会議質問の要旨。

難民の第三国定住について、

 

「最近は、外務省も熱心になってきて、全国規模で難民の

ことをわかっていただこうということで、今までは首都

圏にお願いしていた受け入れを全国的にお願いするよう

になってきている。

去年は広島県呉市が受け入れているが、神戸市でも受け

入れを考えてはどうか」

 

市の答弁。

 

「難民問題は、国際社会の中で極めて重要な問題である

と認識している。

順次受け入れる方向で日本政府が対応されている。

 

定住先自治体の選定は国の決定事項であり、本市として

は国の動きを注視してまいりたい。

国が定住地を選定するにあたって、本市に対して情報提

供の要請があれば、市内関係機関等とも十分に連携して、

積極的に協力してまいりたい」

 

この答弁を聞いて、私はうなりました。

どのような事態が起こっても、それに対応できるような

慎重さではありませんか。

と言って、冷たいわけではありません。

明るい希望も十分に感じさせる文章であります。

 

行政文化の「華」ともいえる文章ですなあ!

 

 

 

| ぶんちゃん | - | 20:19 | comments(0) | trackbacks(0) | -









http://uragami.mobi/trackback/3244
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

このページの先頭へ