神戸市会議員 うらがみ忠文 携帯ブログ

神戸市会議員“世界一元気”な市会議員、浦上忠文。
『神戸から世界を変えます!』
<< マブイ六甲で出店! | main | 教育委員会担当の委員になって・・・。 >>
あっ蝉の鳴き声!と、思ったら。

昨日の午後のことです。

緑多い、住宅街を歩いていました。

蝉が鳴き始めました。「おお、夏が来たか!」

その一瞬、鳴き声が止みました。

「ジー」という短い声。蝉の悲鳴?

 

蝉を加えた鳥が、私の頭の上を飛びました。

飛びながら口にくわえて蝉を飲み込みました。

あっけにとられました。

こんなことを思いました。

器用なもんやなあ、飛びながら蝉を飲み込むとは。あん

なもんが美味しいのかなあ?

 

一瞬見えた蝉の姿は、殻から出て直ぐのように見えまし

た。透明感があった気がします。

蝉は、「ああ、世の中にようやく出れたか。ああ、捕ま

った。ああ、これで一生も終りか。はかない一生やった

なあ」

なんてことは、思わないでしょう。

 

鳥も、平家の若い公達を捕まえる源氏の武将のような、

若者を憐れむ気持ちは、ひとかけらもないことでしょう。

 

それにしても珍しい光景を見たものです。

なんか、しっかり生きて行こうという気持ちが生まれて

きたのでした。

 

 

 

 

 

| ぶんちゃん | - | 20:28 | comments(0) | trackbacks(0) | -









http://uragami.mobi/trackback/3249
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

このページの先頭へ