神戸市会議員 うらがみ忠文 携帯ブログ

神戸市会議員“世界一元気”な市会議員、浦上忠文。
『神戸から世界を変えます!』
屋根に上がる方法?

出水の現場写真を見ていますと、「屋根に上がって救助を

待つ」という光景があります。

天井を打ち破って瓦をめくって外に出る!なんてことは、

とても出来ることではありません。

 

では、どうやって屋根に上がったのでしょう。

どなたか教えて下さいな。

 

倉敷の真備地区の新聞記事で、最近はツイッターによって

救助を求めることも多い。

「二階の上まで水が来ました。子どもが小さくて屋根に逃

げることが出来ません。助けて下さい」という若いお母さ

んからのメールもあった。という記事がありました。

 

子どもとお母さんの恐怖を思うと、胸がふさがれる思いが

します。

「えらい雨がきつうなったね」「えらい降りよる」などと

話しながら、夏休みへの期待とかあれこれ思っていた人生

が急転します。

 

改めて、一瞬いっしゅんを大切に生きなければと、今回の

場合は、これでもかこれでもかとつらい映像を見ながら、

心に誓います。

 

ツイッター親子の幸運を祈る夜です!

| ぶんちゃん | - | 20:30 | comments(0) | trackbacks(0) | -
えらいことになりました!

一昨日から、この大雨に対しての私のブログの終章は、

 

対策は「祈る」しかないんかなあ!

日本中に向かって「雨よ休まれ」と祈っています!

でした。

 

祈りむなしく、広い範囲で甚大な被害が発生しました。

被害にあわれた皆さんや、今、生死をかけて戦っておら

れる被害者の皆さんにかける言葉がありません。

 

皆さんをお救い出来ない私たちをお許しください!

 

今晩は、ここまで。胸が熱く痛みます。

 

 

 

 

| ぶんちゃん | - | 22:59 | comments(0) | trackbacks(0) | -
じわじわ被害がやって来る!

広島、岡山、鳥取、福岡、長崎、佐賀県では大雨特別警

報が出され、数十年にいちどしかない災害が起る可能性

が迫っているそうです。

 

わが東灘区では、山手地区で名高い「甲南病院」に行く

バス路でがけ崩れがおこり、道は土砂と樹木で埋まり、

トランス付きの大きな電柱が3本に折れて、向かいのマ

ンションに倒れ込んでいました。

ずぶぬれになって現場に急ぎました。

 

病院に行くのに、しばらくは遠回りとなるでしょう。

それよりも、崩れたがけに接近して建てられている家の

方々の心配と不安はいかばかりかと胸が痛みます。

現場で出会った行政の方の情報によりますと、六甲山の

上はずたずたらしいとのことです。

皆の顔が、一様に暗くなりました。

 

夜になってテレビを見ていますと、「重大な危険が差し

迫った状況」と、気象庁が発表しています。

確かに甲南病院バス路がけ崩れは、ふだんあまり「がけ

崩れ」を意識してない場所でした。

どこが崩れてもおかしくない・・・。

 

日本中に向かって、「雨よ休まれ」と、祈っています!

 

 

 

 

| ぶんちゃん | - | 20:57 | comments(0) | trackbacks(0) | -
広範囲の大雨やなあ!

北海道から宮古島まで大雨です。

日本中が大雨です。

神戸も早朝から大雨警報。それから土砂災害注意情報。

洪水警報。夜まで出っぱなしです。

 

四国でも九州でも、岐阜県でも、北陸でも、京都でも、

増水の映像にあふれています。

 

大気の仕組みが変わってしまったのでしょうか。

近年、水害ではやっていたことは、一部の地区に、こ

れでもかこれでもかと降り続く豪雨被害でした。

 

今回は、様子が違います。

日本中、8日(日)まで降り続くというのですから、え

らいことです。

経験したことの無いことです。

 

小学生の時から気象好きで、5年生の頃にはNHKの気

象通報を聞いて天気図を描いて天気予報を考えるほどの

のめり込みでした。

今日、明日のような天気図は経過したことがありません。

人知や知見を越えています。

 

対策は「祈る」しかないんかなあ!

 

 

| ぶんちゃん | - | 22:10 | comments(0) | trackbacks(0) | -
先達への礼儀!

ワールドカップ騒ぎ日本版は終末を迎えました。

その活躍の中で、前の監督に対する賛辞の少なさに,私

は首を傾げます。

 

選手とのコミュニケーションが悪いということで、解任

された監督さんですが、少なくともワールドカップへの

参加資格を得るまで、指導し、日本が力をつけたことに

対する寄与はあったことでしょう。

 

今回、代表に選ばれた選手は、あの監督さんとは違う方

も多いことでしょうが、日本のサッカーの底上げには影

響を与えていることは間違いありません。

 

しばらく前に阪神タイガースが星野監督に代わって優勝

したことがありました。

前年まで、あの「ノムさん」が監督でした。

「ノムさん」時代は、下位を低迷していました。

しかし、地力は養われていたのでしょう。

 

星野監督も、優勝の原因をまっさきに「ノムさん」の指

導にあると語られました。

 

そういう考えを大切にするのが「人間の道」と思うので

すが、違いまっしゃろか!

 

 

| ぶんちゃん | - | 18:44 | comments(0) | trackbacks(0) | -
教育委員会担当の委員になって・・・。

7月度から、神戸市会常任委員会の割振りが変りました。

私は、教育委員会、こども家庭局、市民参画推進局という

みっつの部署を担当する「文教こども委員会」のメンバー

になりました。

 

今日は第一回の委員会が行われました。

初回は、各局が「事業概要」というブックに基づいて業務

内容を発表します。

 

教育長の説明を聞きながら、10年以上前の小学校卒業式

で伺った校長先生の式辞を思い出しました。

こんな内容です。

「先生は、この6年間の君たちの成長を調べて見た。

身長は40センチ伸びた人がいる。体重は40キロ増えた

人がいる。身体は、ご飯を食べると大きくなるね!

では、心はどうすれば大きくなるでしょう。

 

先生は、みんなに心の大きな人になって欲しんだなー。

みんなは、どんな時に幸せになるかな?

人に幸せになってもらうと、もっと幸せになるよ!

「人にしてあげること」それが思いやり。

そうなんだ。「思いやり」が心を大きくするんだよ!

 

忘れられない話です。

感謝、感謝。

 

| ぶんちゃん | - | 19:59 | comments(0) | trackbacks(0) | -
あっ蝉の鳴き声!と、思ったら。

昨日の午後のことです。

緑多い、住宅街を歩いていました。

蝉が鳴き始めました。「おお、夏が来たか!」

その一瞬、鳴き声が止みました。

「ジー」という短い声。蝉の悲鳴?

 

蝉を加えた鳥が、私の頭の上を飛びました。

飛びながら口にくわえて蝉を飲み込みました。

あっけにとられました。

こんなことを思いました。

器用なもんやなあ、飛びながら蝉を飲み込むとは。あん

なもんが美味しいのかなあ?

 

一瞬見えた蝉の姿は、殻から出て直ぐのように見えまし

た。透明感があった気がします。

蝉は、「ああ、世の中にようやく出れたか。ああ、捕ま

った。ああ、これで一生も終りか。はかない一生やった

なあ」

なんてことは、思わないでしょう。

 

鳥も、平家の若い公達を捕まえる源氏の武将のような、

若者を憐れむ気持ちは、ひとかけらもないことでしょう。

 

それにしても珍しい光景を見たものです。

なんか、しっかり生きて行こうという気持ちが生まれて

きたのでした。

 

 

 

 

 

| ぶんちゃん | - | 20:28 | comments(0) | trackbacks(0) | -
マブイ六甲で出店!

私が関係させて頂いている団体で「マブイ六甲」という組織

があります。

知的障がい者の就労支援施設です。

マンションの掃除、地域紙の配布。クリーニング店、100

均ショップの運営などを行っています。

 

マブイというのは沖縄の言葉で、輝くというような意味です。

六甲は、六甲山の六甲です。

施設が灘区にありますので、灘区で行われるイベントなどに

お店を出すことがあります。

メンバーさんの楽しみでもあります。

 

今日は「灘チャレンジ」というイベントで、地元の神戸大学

の皆さんが、阪神淡路大震災後、地域の活性化のために立ち

上げた祭りです。

都賀川というきれいな水の川べりで行われます。

ここ20年ほど恒例の祭りです。

 

マブイ六甲では、鳥の唐揚げ、ポテトフライ、生ビール、お

茶。ジュース、おかきなどの販売と、水の中の沈めてある瓶

に水面に一円玉を浮かせてから「うまく入れる」というゲー

ムを行いました。

 

すこぶる暑い一日でしたが、お客様はひっきりなしに来られ

ました。10時から4時まで、楽しいひとときでした。

平和であってこそです。

神戸大学の若い力があってこそです。

ああ、来られるお客様がおられてこそです。

 

感謝、感謝。

 

 

| ぶんちゃん | - | 20:19 | comments(0) | trackbacks(0) | -
今日も、雷と夕立ち!

今日は午前から夏を思わせる青空でした。

「梅雨明けしたか?」

と思わせる天気でした。

 

午後は、毎月1日に内容を更新する「うらがみ忠文ホーム

ページ」の原稿を書いていました。

文ちゃんのひとりごと、月刊「大演説」、今月のトピック

ス、四季の俳句、という内容です。

ぜひ、ご覧くださいませ(笑)

 

と、3時半ぐらいからごろごろ雷鳴が聞こえてきました。

4時過ぎに、談話室の前が見えなくなるぐらいに激しく雨

が降り始めました。

 

あわてて窓を閉めます。

急な天気の移り変わりというものは、心をいきいきさせま

す。元気にします。

違う気持ちにします。

お陰さまで、ホームページの「文ちゃんのひとりごと」と

いう写真付き随想のページは、気合で一気に書けました。

 

今日は、一年の折り返し。

さあ、明日から、どんなに爽やかな楽しい日々が待ってい

ることでしょうか!

 

感謝、感謝。

 

 

 

| ぶんちゃん | - | 17:19 | comments(0) | trackbacks(0) | -
雷が鳴って、激しく雨が!

今から60年ほど前、こういう天気の時、お年寄りたち

は「もう梅雨明けも近いね」と話しておられました。

 

神戸では、夕べは激しく雨が降っていたそうです。

私は、近頃、8時半就寝なので、そのことは知りません。

今朝の天気は曇り。

西の空は黒く、いつ雨が来てもおかしくない様子でした。

 

雨が降ったら、その時はその時!と、「うらがみ新聞」

配りに阪急電車岡本駅に出かけました。

駅の山側の小さな改札口は、私が立っていたら、私の前

を通らずして改札口に入れません。

すこぶる効率の良い場所であります(笑)

 

6時半から9時半まで、天気は持ちました。談話室に戻

って来ると、雨が来ました。それから、少し晴れました。

 

5時前から、道を歩くのもためらうほど、強く振り出し

ました。

ごろごろ雷鳴は、わっと鳴ってすぐに静かになりました。

雨は、静かになりつつあります。

 

まだ6月29日。梅雨明けなんてとんでもない!

という時期ですが、今夕感じる空気は、幼い頃の梅雨明

け空気です。

梅雨明けだと、嬉しいですが!

 

| ぶんちゃん | - | 17:30 | comments(0) | trackbacks(0) | -
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

このページの先頭へ